たるみ毛穴がシワの下地になる?

無数にある毛穴も、年齢を重ねると肌と同じようにたるんで、たるみ毛穴になります。これは万人にある程度訪れます。
毛穴のまわりのコラーゲンが減って穴がゆるんで、広がってみえるのです。

頬の鼻にちかい部分から目立ち始めることが多く、縦に長く毛穴が広がっていきます。「涙毛穴」や「帯状毛穴」などと呼ばれています。

たるみ毛穴はシワができる下地になります。
毛穴が開いたところが表情の動きにるれて折りたたまれると、皮膚に溝がでてきて、シワが刻まれていきます。点線のついた紙を厚紙を折りたたむ図式に似ています。

コラーゲンとエラスチンの老化がたるみ毛穴の原因なので、紫外線、睡眠不足、女性ホルモンの減少、喫煙などが毛穴のたるみを加速させる原因となります。

また、たるみ毛穴には表皮の変化にも関係していることが最近わかってきているそうです。表皮が漏斗状(ろうとじょう)に落ち窪んで、毛穴の開きの原因となるのです。

毛穴のまわりに皮脂が常に溜まっていることが原因で、角化異状を起し、毛穴のまわりの皮膚が盛り上がって漏斗状になるのです。
ですので、毛穴の開きの原因は皮脂であるといえるでしょう。

正しい皮脂コントロールをすることが毛穴の開きを予防する一番の近道であり、たるみ毛穴=シワの予防にもなりるので、若い頃から気をつけておきたいですね。

ライスビギンオールインワンエマルジョン使った結果・・・

つながり毛穴解消

ライスビギン

ライスビギンを使った体験談はこちら>>

このページの先頭へ