ライスパワーエキスっていったい何?

ライスパワーエキス

ライスビギンオールインワンに配合されている、ライスパワーエキスっていったい何なんでしょうか?

ライスパワーエキスとは、お米と酵母、麹菌などによる発酵法の組み合わせにより作られたものだと、こちらの勇心酒造さんという、ライスパワーエキスを発見された造り酒屋さんのページに説明さていました。

こちらの勇心酒造さんのは江戸時代から続く造り酒屋なのですが、そこの社長さんが科学者であったため、その醸造技術という伝統技術と、最先端の科学を融合されることによって、本来のお米の力をさらに引き出す、日本型バイオ技術を開発されました。

それがライスパワーエキスなのです。

お米に掛け合わせる微生物の種類や量、そして発酵期間などを組み合わせて、いろいろなライスパワーエキスが発見されているのです。

ライスパワーエキスは、ライスビギンに使われているライスパワーエキスNo.11だけでなく、他にも現時点で10種類ものライスパワーエキスが存在して、それぞれ効能が違います。

ライスパワーエキスのそれぞれの効能

ライスパワーエキスNo.1
皮膚をすこやかに保つ成分。
乾燥によるトラブルや肌荒れに優しく働きかけ、肌の水分を改善。角質層を健全化する成分。
化粧水や乳液など幅広い化粧品に利用されています。

ライスパワーエキスNo.2
皮膚を保護し清浄化する成分。
肌を守りながら、毛穴の奥までひそむ汚れを除去。メイクを落としながら肌に必要なものは守ってくれるありがたい成分。
主にクレンジング剤などに利用されています。

ライスパワーエキスNo.3
汚れを落としながらうるおう成分。
こちらのNo.2と同様の洗浄成分ですが、汚れをとりつつ潤いを残す働きをするそうです。
洗顔石鹸、ボディーソープなどに利用されています。

ライスパワーエキスNo.7
皮膚の油分を保ち、乾燥やカサつきをケアしてくれる成分。
こちらは肌の油分を整えてくれる成分です。乾燥による肌のカサつきや肌荒れのトラブルを押さえる働きがあります。
美容液、ローションなどに配合されています。

ライスパワーエキスNo.10
皮脂バランスを整える成分。
アブラの出過ぎ、毛穴の悩みにアプローチしてくれる成分。
化粧水などに利用されています。

ライスパワーエキスNo.23
皮膚を保護し透明感を高める成分。
紫外線や活性酸素からの刺激から肌をまもる私達が本来もっている力を高める成分。
美容液などに配合されています。

ライスパワーエキスNo.1-D
温浴効果・スキンケア効果のある成分。
入浴剤に利用されています。

ライスパワーエキスNo.1-E
髪と地肌をすこやかに保つ成分。
シャンプー・リンスに利用されています。

ライスパワーエキスNo.101
胃をやさしくいたわる成分。

>

このページの先頭へ